ピカソが好き!

国立新美術館 で開催中の 
〜 ピカソ 愛と創造の軌跡展 〜 に行って来ました。




一言で言いますと 贅沢!! です。

日本人で良かった。(日本に住んでいて良かった♪)
日本以外の国に、どれほどこれだけのお品物が貸し出しされるか。
アジアの中を探してみて、無い。
北京でも上海でもシンガポールでも多分無理。
日本だからお借りする事が出来た。
(ここは深い含みがあるので書く事を差し控えさせて頂きます)

素晴らしい作品をパリに行かず生もので見れるなんて!!

もちろん、ピカソの作品そのものも最高に良かった。
これはピカソを好きだから出る言葉だとは思いますが、
その世界にどっぷり浸かる事ができ、
贅沢をさせて頂いた、そう感じています。

とりあえずピカソ展のお勧め項目、幾つか。

行くことを迷っていつ人へ

 行くべしです。この次はありません!

ピカソを難しいとお考えのあなたへ

 いや、結構単純です。見たそのものです。
 会場で沢山の人が口にしていた言葉が
 「タイトルを読まなくても描いているものが何か分かる」
 でした。

混まないかしら

 本日月曜日。フェルメール展がお休みでピカソ展大盛況の日です。
 が。
 開場に合わせていき2時間おりましたが、
 1つ1つじっくり見れました。
 さほど混んではいない印象です。

ピカソ展の他のお楽しみは?

 1 結構周りの人達が絵を見ながらああだこうだ呟いているんですよ。
   その解釈が思いのほか面白いんですね。
   他の絵画だと うんちく っぽい事を語る人が多い気がしますが
   ピカソに関してはもっとダイレクトな感情で皆さん語ってました。
   『分からん!!』とかね ♬

 2 場所が六本木なのでまわりにおいしい食べ物屋さんも沢山ありますし。
   東京ミッドタウン なんていかがでしょう。
   ここでは11月21日よりクリスマスイルミネーションツアーが始まります。
   デートにはかなりロマンチックかと ♪
   (私?早速予約しました♡)

東京近郊にお住まいの方へ
   
   時間があったら興味がなくても話しのタネにぜひ!!
   ピカソの 本物 の持つ迫力は見て初めて分かりますから。
  
お土産

   案内用の冊子。2880 円程度。部厚い。
   一生の思いで間違い無し。

全体の感想

ピカソは感受性が豊かで優しい人です。
絵が全体としてまろいです。でも、
関わっている人間の人間特有の不吉な内面(嫉妬や欲)に触れ、
そのナイフで心を刻まれている側面もあります。
そのえぐられた自分の魂を 形 として表面に出しているのが
彼の表現している世界だと感じます。

魂の削れる音を感じた作品
 膝を抱えたジャクリーヌ
 泣く女(版画)→ 油彩に関しては別のステージを感じる
 女の頭部
 女を陵辱するミノタウロス
 母と子

完璧なデッサン力、と言えば良いのか。
伝えたい事を見事に現し切る所も好き。
 手紙を読む
 サクレ・クール寺院
 → 見た瞬間宗教的要素を持った建物なのがすぐに分かる!!
 《森の中の沐浴する女達》のための習作

ピカソは女性に対してとても“好戦的ではない”希有な男性だと思います。
女性に対する深い 理解 を感じます。
この感覚を私にもたらせてくれるのはピカソただ一人なのです。
 横になって本を読む女
 読書する大きな水浴の女
 庭の中の裸婦

彼の絵の中では全ての線が生きています。
一片の無駄無く生きています。

全てが素晴らしい完成度を誇り
なおかつ膨大。

どうしてこういう事が出来るんだろう・・・・。

彼が天才だからだ、うん。でした。

会期中にもう一度足を運ぼうかと思っています。


ここまでおつき合い頂いて感謝 ♬

ピカソ展をご覧になられた方、あなたの感想もお聞かせください。



* その他のお役立ち情報 *

アクセス 東京メトロ 千代田線 乃木坂下車がお勧め
     メトロからダイレクトに美術館に入れる通路が有り
     改札を抜けた瞬間からお楽しみ気分が味わえます。 
     またこれからの季節、雨や風、雪にも対応。

休憩   館内にはフリースペースがあります。
     1階 カフェコキーユの有る場所のテーブルはフリーだそうです。
     ミッドタウンでお気に入りのデリを買ってここで食べるって手も有り。
     根性のある方は屋外にも椅子とテーブルあります。

コインロッカー コイン返却式のコインロッカーがあります。
     手荷物預かり所も完備。



       ブログランキング・にほんブログ村へ

注意:ブログ作成者 廣瀬 は美術に対しな〜にも造詣はありません。
   感じるままに書いております。
   『ここ変だよ。』は悪しからずご容赦を。
[PR]

by hirose_na | 2008-11-10 22:58 | Life !