名前の由来

廣瀬 流が留 ・・・・ 打ち込みは『ひろせ ながるがる』って打つんです。
            お馬鹿です。



マイミクの takao ちゃんから頂いたバトンです。
“名前の由来” ってね。

結構行き当たりばったりでした。
先にお話書き上げていて、
いざ投稿するのにペンネームが必要だと気がついたという。
ですから、
な〜〜〜にも考えてなかったです、はい。

じゃぁどうやってつけたかというと、
え〜い、こうなったら!
自分の書きたい事を名前にしてしまえ、でした。

書きたかったのは誰でも持っている普通の感情でした。
ものすごいドラマが有って、超イケメンのお金持ちが登場して
どん底にいる女の子がシンデレラになる話しじゃなくてね。
(いや、読むのは大好きよ♪でもそれを書けるほど上手くないし)
凄く心待ちにしていたメールが届いて、すぐに返事するのもしゃくだけど
でもしたくって。
10分待ってから返事しようかな〜なんて悩んだり、
善い人なんだけど 点点点 なヤツからご飯誘われて
面倒くさいな〜って思いながら、
でも断るのは悪い気がするし。
奢られるのも疲れるけど、無駄にお金使うのも嫌だしな〜、どうしよう。
なんて考えたりとかね。

それでね、物事を決めるのってほんの一瞬の事なのに、
それまで生きて来たその人の人生観が反映されるって思えるんです。
苦労して来た人は他人の苦労が分かるし、
したい放題して来た人は、やっぱりそれを変えられない。

私の友達は苦労人が多いです。(自慢してみる)
そう言う人達は自分の苦労をひけらかしたりしません。
でも、他人には優しくて、包容力が有ったりします。
相手の立場になって、何かまずいことが起こっても
「そう言う事も有るよね。」
って流してくれ、
感情で相手を責めたり、優しさの押し売りをしません。
でも、そう言った人達の苦労は、じっくり話しを聞いてみて初めて
分かったりします。

そんな人間の目に見えない部分を書きたかったです。

廣瀬流る(ながるる)水の底、
たゆやかに穏やかに流れている様に見える川の底ほど深く
底が知れない。
人の生きると言う事は、表面に見えている事が全てではない。

これをストーリーコンセプトに持ってきたかったので、
そのまんまの名前を付けてみました。

安直です。

いやでもね、間抜けな字を書きますが気にいっていますとも。
名前を見るたびに、自分が書きたいものは何か
常に思い出させてもらえます。

響きがいいとか、人に覚えてもらい易い、とか。
それを忘れた次元でつけられた名前なので、
うん、いいよねって、後からしみじみ思っていたりします。

それにしても 流が留 って変でしょう?
私も自分のセンスとはかなり違う名前だって感じてます。
最初は 流 とか 流留 にしようかと思ったのですがね。
でもそれだと 河童の川流れ っぽくないですか?
『あ〜れぇ〜 流されちゃったぁ〜』 ?
いや、それはちょっとね。

流が留 の字にしたのは 
枯山水 を意識してました。

この字の形が風景を持っている気がしたからです。 

自然界の潮流が有って、抗う力が有って。
留め置かれる現象と、流動する目に見えない力の法則、みたいなね。

う〜ん、こうやって改めて書いていると、
人間の手の届かない所に憧れを持っているんでしょうね。
これはもう人の感情も同じだと思います。
縛れないし、コントロールできないし。
面白い。

ついでだから書いてしまえ!

出て来る登場人物、みんな欠点だらけです。

勇利 は他人の事を考えている様に見えてその実考え過ぎちゃって逆走。
   その事をまるで分かっちゃいない。
   それにどう考えても おかしい! し。

兄貴 は勝手に“大人の枠”作ってその中に自分を入れ込んで、
   そうすれば上手くやって行けると優等生思考だし。
   でも思い込みの激しさは天下一品!

基  はまんま、自己中で若いし。

絵里子さん は愛情が深くって空回り。

砂羽 は自分がある様に見えて流され易く、結構無責任。

宮内 は見栄っ張りで鼻持ちならない。

涼子 は仕切りやで嘘つき。
   でも自分は我慢しているって思ってるからタチ悪かったりして。

勝利 はボンクラ。

でも、私にとってはこう言った欠点が愛しかったりします。
完璧な人間っていませんから。
駄目駄目だめ押し、泥沼の中の 悪あがき が大好きです。

ですから、ストーリーもそうですが、
登場人物の感情が すとんっ って自分の中で堕ちてくれる様な
そんなお話を書けてゆければいいなって思っています。

なんて書きながら、お気楽でハッピーなのも大好きよん。

これからもご贔屓に ♪

                  廣瀬 流が留



                      にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
[PR]

by hirose_na | 2008-10-25 15:16 | H の独り言