女の25歳 2

女性が子供を産まなくなった訳。
産んだら自分が生活できなくなってしまうって思えるから。
だから産めなくなっちゃったの。 違うかな?




私の主張は
『子供を産みたいと思う女性は
 生物的に最も出産に適した25歳前後を意識し
 それを目安に子供を産める様に考えた方が良い。』
です。

産まないという選択は自由です。
反対に産みたかったら、
絶対に意識した方が良い年齢だと思っています。

以下 社会的条件について。

30過ぎて独身で仕事している女性の友達、います。
好きで結婚しない道を選んでいると思います。

でも、それだって女性が自分で稼がないと生活できないからって部分
有るんじゃないかと思います。

もしですよ。
程よく性格の合う彼がいて
彼が定職に就いていて年収500万はあったら、
この人と結婚して子供産んでもいいかもって思いませんか?

それは自分が仕事を続ける・続けないに関わらず、です。

反対に、もの凄く好きな人でも
年収300万以下だったり、定職じゃなかったりしたら
その人の子供を素直に産めますか?
例え自分に収入が有っても、
今の時代、それだけだと怖くないですか?

愛していたら全て上手くいきますか?
(恋愛小説書いているとは思えない発言ですね)

結婚して夫婦で仕事したとして、
女性が家事を多くこなすのが当たり前って風潮、
無いですか?
そう考えた場合、やっていけるかどうか不安になりませんか?

子供を産んで育てていくのに、
肉体的な不安や、経済的な不安、無いですか?

結局子供を産んだら、産んだ母親が背負わないといけない苦労って
多くないですか?
それでね、母親が潰れそうな時、代わりに少しの間でも
抱っこしてあげられる人がいなくなっている気がします。

そう言う事が有って、女性は自分が安心して子供を産める環境になるまで
とりあえず
“待つ”
事を選択せざるを得ないと感じます。
その結果晩婚化や高齢出産が増えてしまうんじゃないかなって。

補足 女性は妊娠出産時体調を崩しやすくなり
   仕事をしている場合、
   どうしても休まなければいけなくなります。
   これは仕事を続けたいと思う女性にとっては
   デメリットになります。

   妊娠出産に伴うお金も多いです。  
   子供はかね食い虫です。でも産んだらかけたげたいんです。

   子供の将来も正直不安。
   日本経済破綻の予感。
   自分ひとりだったらなんとか生きようって思えても
   子供抱えてちゃ苦しいよ。
   自分の子供に自分たちの年金払わせたくないよ、なんてね。

そう考えると、女性が産む事を選べない環境に有ると思います。
理想的には社会が変わって産みやすい環境に変化する事だとは思います。
でも、
それまで待ってたら時間が無くなる。
ゆっくり政治家とか社会に任せていられない。
だって産むのは個人の問題だから。

だからこそ25歳と言う年齢を大切にして欲しいです。
自分が持ってるとても価値の有るはずのもの。
大事にして下さい。

男に興味が無くて彼氏のいない人も。
男友達増やせば視点も増えて楽しいですよ。

出会いの無い人も。いる所にはいるんです、いい男が。
ただ流通が無いだけです。

パートナーのいる人は自分にいかに価値が有るかアピールしましょう。
その上で
経済的に安定する方法を二人で考えたり、
究極、見切りをつけるのも有りだと思う。

世の中に結婚したいけど出来ずにいる経済力の有る男なんて
沢山いますから。
しかもそういう人限って性格が優しすぎたりして。

以上 女の25歳 でした。


所で、気になった人、いると思います。

羊水の話し。

幸田さんの羊水発言で一番声を荒げたのは
不妊に悩んでいる人達だったと記憶しています。
でもね、それやっちゃいけなかったと思う。
幸田さんは羊水と卵子間違ってるけど、
言いたかった事は正しいと思うから。
もし違うって言うのなら、不妊の悩みの半分は解決だと思います。
だって幸田さんが言いたかったのは
『女性にはリミットがある』
と言う事だと思うし、不妊で苦しんでいる人は
そのリミットが分かっているから苦しんでいる、
そうじゃないでしょうか。
いつかは妊娠できるかもしれない、じゃなく
早く妊娠したいって、表現は変も知れませんが
“焦っている”
はずだと感じます。

不妊症の人達が声を上げた事に対し、
『イライラしている人間が
 攻撃対象を見つけ
 自分は傷ついたって主張しヒステリーを起こしている』
そう感じた人もいると思います。
特に男性はね。

だって男性は子供を産まないし。
何より、不妊は女性の問題だって決めつている傾向に有るでしょう?

もし不妊の原因は男性にある、とか
環境因子にある、って世の中だったら、
女性を責める人いないから。
「お子さんは?」
「まだ出来ないんです〜」
「あらそれは大変ね。」
って程度で。
でも現実は
「お子さんは?」
「まだ出来ないんです〜」
「・・・・。」 ← 沈黙
もしくは
「頑張らないと。」
「子供は良いわよ〜」
「早く産みなさいよ〜」
って感じで。
世の中、漠然とした理由で
妊娠しないのは女性が悪いって決めつけている気がします。

不妊症の人達が
「私は傷つけられた。」
と怒る以前に
“不妊症に至るまでの過程”
や、女性にだけ責任を押し付けようとするやり方に
怒って欲しかったです。

ついでと言っては何ですが、
不妊症で悩んでいる方でこのブログを読んでいらっしゃるかたへ。

知り合いの話しです。
子供が出来ないと悩んでいた夫婦がいたそうです。
旦那は慶応卒。なのに、不妊外来に行って初めて
排卵日にセックスすれば良いって知ったそうです。
結果すぐに妊娠したんだって。
知ってる事は大切ですよね。

反面、知識って諸刃の刃だとも思えます。
卵子の生存日数は排卵後1~2日と言われています。
私は排卵を何となく感じる人です。
でも、子供が出来ているタイミングは
排卵後の7日ぐらい後です。
それに気がついた時
「私は受精に向かない卵子で子供が出来たかも」
って思いました。
酷い言い方すれば 腐った卵子 です。
多分私の場合、卵子がなかなか死なない体質なんでしょね。
産婦人科を受診したときも
「日数から考えて、受精細胞の大きさも小さく
 卵割が進んでいないから。
 この子は諦めて下さい。」
って最初から言われ、流産したときの対応も教えてもらいました。
結局無事に産みましたが、
予定日より1週間遅かったです。
(ちなみに二人目は14 日遅れた。
 現在子供達は元気♪)
そんな風に、個人差があると思います。
これはきっと精子も一緒。

最近卵子は排卵後も長く生きていると言うデータの報告が
出て来ています。

医師の指示する事が全てではないって思います。
生命と言うものは人知の及ばない所に有ると思います。
意外な所にチャンスが有るかもしれません。

でも一番大切なのは
このブログも含めて、
周りの意見に振り舞わせれる事が無いようにって事。

悩んでいる事も全て、自分が幸せになる為に悩んで下さいね。



                        ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by hirose_na | 2008-08-25 15:38 | 石頭 な独り言