恋愛小説 ジンクス“7年目” 2

第二話  7年目のジンクス

「久々に眼鏡をお使いになるんですね?
 コンタクトから切り変えますと、
 どうしても慣れるのに1週間はかかるかもしれませんね。」
店員さんが言っていた。 



 お店の人達はみんな同じ様な眼鏡をかけていた。多分、自社ブランドだ。その上、女性達はアイメイクに余念が無く、シャネルのカウンターお姉さんみたいに目の周りがばっちり決まっていて。一瞬ソレに騙されて選んだ眼鏡は私の顔を今よりもっとキツく見せている気がした。横に少し長めのスクエアカット。黒ぶち。
「おっ、アンジェラじゃん。」
ショウウィンドウに写った自分の姿にギャグかまし、少し笑ってみる。なんだぁ、まだ余裕有るじゃん、なんて。でも、遠恋も長いから、私の方は少し疲れ気味。
 20の頃からつき合って2年。それから就職して
『最低2年はお互い仕事漬けだね。』
なんて、話しして。その2年後に
『急に転勤になってしまってさ。でもまぁ、数年あっちで頑張れば、本社勤務って事だし。』
って。かれこれもう7年。私たちつき合い始めてもうすぐ7年なんですけど。
 この前結婚した友達が言ってた。
『7年目は踏ん切りの年。』
って。
 つき合って7年経って結婚しないのは、まず結婚しないで別れるパターン。
『奈保子もそのタイプじゃない?』
なんて縁起でもない事を言われた。もっとも彼女がばっちりそれだったけど。
 7年間つき合ってた男に二股かけられ、三行半突きつけて。悔しさ余って見合いして。で、捕まえたのが
『こんないい男生息してたのっ!』
てぐらい完璧な男。彼女の恋愛相談には今までさんざん乗ってきたけど、話しによると条件良すぎて彼女の方が逃げていたっていう。ソレをがっちり捕まえた旦那の執念たるや。愛されてるって良いねぇ。しかも資産家の三男。すでに孫もごろごろいて、プレッシャー何もなし!素晴らしい!

 私の方は、そうはいかない。彼の事?そりゃ、好きだよ。でも、死ぬほど好きって訳じゃない。それでもやっぱり他の男に男を感じた瞬間なんか、反対に彼の事を思い出している。かといって一晩中、彼は何してるんだろうとか考えたりはしない。他にも考えないといけない事、沢山有るから。単純に好きだって言えるのは、高校生までの恋愛って、そんな気がする。
 何だかな。会えないからかな、話したい事が積もり過ぎちゃって。それ全部吐き出さないと離れられないって感じ。コレって、変かなぁ。
いつでも携帯離せなくってさぁ。メール来ると彼かなって。で、たまに来たりすると、何だか必要以上に嬉しくって、舞い上がってるの分かるからすぐには返事、出来なかったりしてね。馬鹿だね、私って。せっかく距離有るんだから。気持ちにも距離が有っていいはずなのに。
 熱烈愛してる訳じゃないと思う。でも、いつでも思ってる。ある意味、家族なんだよね。だからいけないんだと思う。7年目。男と女が家族になるか、なれないから別れるか。そんな所かな。女は、損だよ。
「あ〜あっ。」
そう言いながら、今週もまた頑張んなきゃって、ご褒美スイーツをデパ地下で選んでいいて気がついた。隣りにいる女、見た事有るよ。
「あっ今晩は。」
って思わず声かけようとして、止めた。セーフ、危ないね。だって彼女、キスマーク女だったんだもの。しかも、はい、お約束。隣りにはちゃらそうな男。夜の8時。人の込んでるこんなとこでいちゃこいてるし。
 や〜めた、別のお店で買おう。そう思って移動して、目の端っこ。彼が向こうから来る男の人から彼女をさりげなくかばう仕草。
「あ〜あ。」
私っていつからこんな女になったんだろう。
 あの二人、つき合い始めて間もないのかな?何だか惨めになっちゃって、仕方が無いから二人が上手くいきます様にって、とりあえず思ってみたりした。

             
                       にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ 


戻る    小説インデックス  つづく


7年目のジンクスって聞いた事有りますか?
私は本当に聞いた事有るんですよ。
でもって、皆様はどうですか?

いろんな意味で 家族になる 年みたいです。
それが 

夫婦:いつまでも一緒にいたい人 なのか

兄弟:離れていても忘れられない 大人になって近すぎるのはキツいけど
  何か有ったら味方だよ

なのか。難しい所。

私の知り合いで 7年つき合って別れたカップルの女性は
1年以内に他の男の人と結婚しているパターンが多いです。
でも 出来婚 じゃ有りません。
これまた不思議。
[PR]

by hirose_na | 2008-08-24 13:18 | 恋愛小説