ああ、勘違い

Pain    更新しました。遅くなってゴメンナサイです。
今回絵里子さん、勘違いしているのですが・・・・。





親子の関係の中で、親が子供に甘えている事って実のところ多いと思うんです。

親は自分の子供だから多少の失礼や我がままを許してもらえる、
そう思っていると感じる事が多いのです。

例えば親が約束を破った場合。
正当な理由をつけて『仕方が無い』と言ってみたり。
(これ、結構子供には許されていない)
子供にはだらしない生活をするなと言いながら、
自分の事は棚に上げていたり。
(これが会社だったらままずそういうことはしない)
子供を紹介する時『この子は馬鹿だから。』
って本人の前で平気で言ってみたり。
(反対は有り得ませんから)

そういう延長で絵里子さんはゆうりに甘えています。
その上、突き詰めて聞くのが怖くって、
自分の想像の中で話しを完結させてしまってます。
『いたずらされた』って。
彼女、思い込んでますから。
(実際はHさんが助けています。Left Alone になりますが)

兄貴にしてみれば、自分の関わる事が出来なかった過去の話しの中に
そういう異常な事が有ったと仮定する事で、
むしろ彼女の有る意味“奇行”が納得できちゃうんです。
だからころっと、信じてしまう。
何しろ、母親は騙すつもりは無く、本気で信じているし。

それまで兄貴は心で恋をしていましたが、
ここに来て 頭で 恋をしてしまいます。
大人の選択をしなければって。
ミス ですねぇ。
彼女、待ってるのにね。

これから兄貴には再び 身悶えモード♪ 入ってもらいます。
楽しみ♪ うふふ。

      ランキングに参加しています。
      応援して頂けると励みになります。 → にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

あっ、それとですね、
R25 コンテンツをもう少し分かりやすく書いてみようかと思い、
別ブログを仕立てている所です。落ち着きましたらご報告しますね。
[PR]

by hirose_na | 2008-06-19 17:56 | H の独り言