闇夜の国から

音楽が好き。
先週からの風邪が治らず、熱が引かず。
重たい体引きずって病院に行って来ました。
その間シャッフルで音楽聴いて。懐かしい曲耳にして。
じんわり、パワー入れてました。




久々に聴いた 闇夜の国から。
子供の頃、親に隠れて深夜放送の陽水ライブを聴いていました。
布団の中の私の頭の中は、曲の世界そのもの。
人工の光の届かない湖面。波が月の照り返しを伝え。
見上げる満点の星空から流れてくる閃光。流れ星。
オールに当たる水音だけが静かな森に響いている。
二人だけの世界。

さて、隣りに誰かいるかは置いておいて、
子供の頃に好きになってしまった音楽と言うものは
一生ついてまわりますね。
忘れられない、抜き様が無い。

井上陽水さんが持つ曲の質感は、私が書いている恋愛小説が目指している
終末なのかな、そう思います。
どんな感じ?そりやぁ、ロマンティック!!

帰れない二人 クレイジーラブ 戸惑うペリカン

現実から離れようとする恋人達。行って戻ってしまう心。
恋をして、抗えない力に引き込まれ。
それなのに完全に恋に堕ち込めず、戸惑い、目を瞑り。
その相反する感情のバランスが実にロマンティック!
陽水さんの歌詞って不思議と、言葉が足りない。
そこがまた好い。
聴き手に想像の翼を与えてくれる。
声も絶妙。
くどくなく、軽やかで、それでいて甘い。
いかにギターが素晴らしくても、音が喧嘩をしない。
そこにはいつも調和が有る。
極上のイタリアワインみたい。
Excite エキサイト : 芸能ニュース
今度ライブバージョンのアルバムが出るとの事。
これ聴いて、またエネルギーをチャージしよっと♪

                     ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by hirose_na | 2008-06-17 11:30 | Life !