ドーパミン 時々 βエンドルフィン

子供の本棚より

脳を活かす勉強法 | アマゾンへジャンプ

シンプリィ

なるほど。人生を楽しむプロセスの強化に。

もっと貪欲に ドーパミン 欲しなくっちゃね。

スコン! ワンショット!!

* ドーパミンは快楽物質のひとつと言われています。興奮との関係大。
* β-エンドルフィンは脳内麻薬のひとつだと思ってください。



私の頭は非常にいやらしく出来ており、
β- エンドルフィンが大好きです。
いわゆる ハイ!! な状態ですね。
もちろん クスリ に手を出して事は一度も有りませんよ〜。

でも、水泳や自転車やっていてハイになり、
絶対ヤバいよ! 状態になるのが大好きでした。
たっぷりのお酒と、大好きな音楽。
特にライブ。これも最高。
ピカソ。生ピカソ。表面にガラスとかを載せていない、
モザイク無しの無修正!好き〜。

意識、かなり飛びます。はい。

自分でも意識できます。
私の脳は β-エンドルフィン の存在を知っていて、
チャンスさえ有ればそれが欲しいんだってね。

そこに現れた ドーパミン ♪
こっちは意識した事無かったです。というか、
私が欲しいのはドーパミン → アドレナリンの放出 → 興奮 ? 
単純な興奮ではなく、ハイ になりたい、
そう考えていました。
でもこちら。もっぎぃー(廣瀬家命名勝手にあだ名)の本。
脳内強化学習法。(以下 セルフマゾ学習法 と省略。)
こちらを読んでなるほどの開眼。

脳が喜ぶ刺激を与える。
このやり方が非常に日常的。具体的で、明快。

セルフマゾ学習法とは、
程よい痛み刺激・負荷を与え、耐性を作りつつ、
それを快楽として認識させる事により
より強い負荷へとグレードアップしていく事が出来る。
同時に快楽の存在を脳内に認識させ、
痛み刺激に対しパブロフの犬のごとく条件反射的に
快楽を見いだしてしまい、
喜びの回路にハマってしまう。その結果
世に言う 変人さん  に成りうると言う学習方法の事です。
(解釈:廣瀬)

と言う事で、早速 変態さん 変人さん になるべく
ブログにて宣言を!
↑ こういう行動が マゾ行為:プレッシャー である。

とりあえず。
 苦しければ苦しいほど、その後の喜びは大きく、強化される。 本文より
  → 行き当たりばったりの話し、
    まだプロットも曖昧な話しを見切り発車で書き出す。

を始めます♪ かなり怖いけど。
今日はこれからこの前書くと言っていた R 25 をアップ予定。
約束は昨日だったので、ゴメンナサイなので、絶対書きます。

それではまた明日。

明日になって新しい話しが始まっていなかったら、
どうしよう・・・・・。はは。

                  にほんブログ村 小説ブログへ


エキサイト・小説・詩・読み物
[PR]

by hirose_na | 2008-05-24 21:39 | Life !