パリは燃えているか

パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版 | 商品情報(商品)
パリは燃えているか
“ Is Paris burned ? ”
タイトルからして衝撃でした。
ヒットラーが言ったんですよね。
“パリは燃えているか”
これって禁句 !?




それをあえて使う加古さん、そして NHK 。
その、強い、意志。
映像を見て、音楽を聴いて、
涙が出ました。

昔、ドイツのダッハウ収容所に行った事が有ります。
現在は歴史資料館の様なところとでも言いましょうか。
そこはとても心が寒い所で
グラウンドに立つだけで冷え込みました。

当時の貴重な映像も残っており、
ヒットラーの有名な演説を始め、
ダッハウ収容所内の映像も沢山見る事ができます。
その門に書かれた言葉や、そこをくぐるトラック、
収容所の建物そのものに押し込まれ立って寝ている人達。
シャワールーム。
その映像が、
その場所で人の消え去った同じ建物を見る事で、
よりリアルに感じました。

人の尊厳って何でしょう。

このアルバムでは、同じ パリは燃えているか
の曲を、いくつか別の表現方法(ジャズであったり、フルオーケストラであったり)
で表現されています。
その度に表情が変わります。

その事を、人種、文化、その他の違い。そんな風に感じました。

でも、結局、人にとって、人の生きる、その根底は一つだ、なんてね。
[PR]

by hirose_na | 2008-04-14 00:47 | Life !