十二夜

十二夜 | 商品情報(商品)
恵比寿の映画館で見ました。どきどきしましたとも。
ヘレナ・ボナム=カーターじゃなければできない変わり身の演技。
それが不思議にハマっていました。
オーシーノ公もハンサム。
ベン・キングスレーの声も素晴らしく良い!
印象的だったのは、女のヴィオラが男装をして吠える(?)
前半のワンシーン。



その時代の女性が解き放たれ、自由になった事を噛みしめた、
そんな感じ。

これを書いていて思った事。
私が書いているLeft Alone と言う話しの中に
男装の女性が出てきます。
彼女を男だと信じつつも恋をしてしまった男性が、
思わずキスをするシーンが有るのですが、
ああ、なんだ。私はこれ書きたかったんだ!
たった今、納得。

この映画の中で、オーシーノ公は彼女と男だと信じています。
二人で恋の調べを視聴(?)し、うっとりとしている所に魔法がかかり、
知らず知らず、お互いの唇を重ね合おうと躯が勝手に動きます。
あわや、という所で、寸止めですが。
この映像が実にロマンティック。
ベン・キングスレーの歌声も最高。

恋は頭でするもんじゃ無いよね、って思いました。
[PR]

by hirose_na | 2008-04-05 22:40 | Life !