被災地の香り

クリニックの看護師をしています。
今日は、
被災地から逃れてきた方が受診にいらっしゃいました。



その人は82歳のお婆ちゃんで、
孫を頼りに東京にやってきたようです。

受診の目的は
ヘルペス を見てもらいたいというもの。

そのヘルペスが、非常に悪い状態だったのです。
もう少し受診がおくれていたら、
入院治療が必要なレベルです。

ここに来て初めて、
テレビや新聞といった媒介ではない、
生の被害を目の当たりにした気がしました。

ヘルペスが皮膚を壊し、
頭半分から体液が流れ、
首筋にはかさぶただらけ。
そして何よりも、
人が朽ちていくとき特有の香りがしました。

その方がどんな劣悪な環境から逃げてきたのか。
衛生状態の悪い、混乱の中で
今も頑張っている多くの人達がいることを目の前に突きつけられた気がします。

『可哀相だ』
というのは容易いです。

助けてあげたいけど、
今直接支援してあげられる事は少ないです。

じゃぁ、自分に何ができるかな??? 
と考えるし、今日は感じるものがありました。

私は
『健康でいよう』
と思います。

病気や怪我にならず、
医療にかかる薬や国民負担を減らし、
だきるだけ多くの薬品や予算が被災地に届く様に。
そして、
これから日本の復興にかかるはずの長い時間をみんなで支えあって乗り切れるように。

生活習慣病といわれる病気は、
自分で防ぐ事ができます。
風邪だって、手洗い・うがいに
マスクをきちんとつけ、夜も早く寝ていれば
それなりに防げる気がします。
だから、小さい事に気をつけ、
自分や家族の体を大事にしようと思います。

被災地の皆様、
今が一番辛いと思います。
でも、頑張ってください!
[PR]

by hirose_na | 2011-03-22 15:41 | Life !