性教育の必要性について

Excite ニュース 教え子に強姦46件も! を読んで。

私にも子供、いますから。



この手の性犯罪者がいなくなるとは思えません。
増えると考える根拠も有りませんが、
減ると思える根拠も有りません。

被害者やその家族が
『死刑』
を望んでも、それが不当だとも感じません。

性犯罪者が刑期を終えた後も行政がしっかり監視するシステムを作っている事や、
実刑判決が平均寿命より長く与えられるという事に関して
アメリカの司法制度を優れていると感じる事も多いです。

今回ここまで被害が拡大していたのにも関わらず、
なぜ見過ごされて来てしまったのか。

加害者が社会的に信頼されている人物だったから?
学校がもみ消そうとしたから?
いえいえ、加害者が周到にずる賢かったからだと思います。

私にも子供がいます。
こういった犯罪者が減る可能性が少ないとなったらどうするか。
子供が被害に遭わない様に
子供達に自分を守る知識を身につけてもらう
その必要性を感じます。

加害者のメンタリティはよく分りません。
大人の私でも、なぜやったかと考えて
『狂っているから』
としか言いようが有りません。
ですから、子供達に
『なぜこの様な人がいるのか』
を説明しようとしても、子供に理解できる言葉できちんと説明できる人は
少ないかと思います。

でも、身を守るためにただ漠然と
『こんな怖い人がいるから気をつけて』
と言っても分からないと思います。

そこに性教育の必要性を感じます。
これは自分のセクシュアリティを大切にするための教育です。
男女関係無く
『守られなければいけない自分の体』
について知り、
子供自身もそうですし、社会も彼らを守りたいと思っている事を
知って欲しいと思います。

私が受けた性教育や、子供達が受けている性教育は
とても表面的だと感じています。
本来生殖は生命の基本活動で、
もっと重要視されてしかるべきだと思います。
そこには生命科学や倫理について、
本来学ぶべきはずの事の多くが含まれていると思っています。

加害者は悪知恵を働かし近づいて来ます。
被害を防ぐためには、子供達が
『自分の大切な体を守らなければいけない。
 私にはその権利が有る』
と十分理解できるための知識が必要だと感じます。

この様は被害が一刻も早く少なくなります様に。

他人を疑う事を子供に教えなけれないけない現実を
悲しいなぁと思いながら
こんな事を書いてみたりしました。



   ブログランキング・にほんブログ村へ     人気ブログランキングへ
[PR]

by hirose_na | 2009-09-16 09:11 | 石頭 な独り言