サブウェイ123 試写会へ ♪

昨夜は サブウェイ123 激突  
試写会に行って来ました ♪



ご招待頂いた 映画生活様 ありがとう♪

ストーリー

2時00分-ニューヨーク地下鉄運行指令室。
ここで働くガーバー(デンゼル)は、ペラム発1時23分列車が緊急停車したことに気づく。
しかも、その車両は切り離され、1車両のみが停まっていた。
無線で回答してきたのは、ライダー(トラボルタ)と名乗る男。
その要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、
人質は19名、残された時間は59分間、
さらに交渉相手にはガーバーを指名。
地下鉄のことなら全てを熟知しているガーバーは、
犯人は逃げ切れないと思っているのだが……


こんな感じ。

さて感想ですが、主演の
トラボルタ VS デンゼル みたいな構図、否めませんよね。
私的には トラボルタに一票!
彼の切れた悪役っぷりは最高です!
犯人の持つ凶暴性やインテリジェンス、その複雑な部分が十分発揮されている気がしました。

犯行現場が地下鉄、という部分も
身近な場所なので恐怖を誘います。

事件が起きるのは昼間。
地下鉄の走行路は暗く、夜。
それから1時間後に逃亡し、昼の世界に浮上する。

地下鉄に乗っている人は日常的にこの短いサイクルの
昼と夜 を繰り返している訳で、
その光の塩梅が何とも言えない日常感を醸し出していて
怖かったです。

記憶に残ったのはパトカーが走るシーンです。
普通の
“カーチェイス”
のシーンでは有りませんが、だからこそのドキドキ感が有りました。

ラストシーンは
「え????」
なので、もっと伏線(宗教的な要素が入っているので、そこを押して欲しかった)を
張って頂いていた方が
すとんと状況に落ちるかと思います。


こんな方 ↓ にお勧め ♪

① 電車を日常的に使う方 
② 中年以上の特に男性

昔の映画のリメイクなので、以前ご覧になった方は(前作もなかなかおもしろのです♪)
比べてみて楽しさ倍増だと思います。

彼が昔からの映画ファンで、
ご自身がアクション映画がお好きでしたら
かなりお勧めの一品です。

あ、でも付き合い始めのカップルの場合、
吉と出るか凶と出るか……微妙。


シネマカフェ では
まだ試写会の募集をしています。興味の有る方は是非どうぞ♪
(このページ、結構参考になります)
ちなみに私、また応募しました。
だってソニーピクチャーズのスクリーンで見られるんだもん!

→ なんと! こちらの試写会も当たりました!

   ブログランキング・にほんブログ村へ     人気ブログランキングへ

追記

我が旦那、
トラボルタ大好き ♡ ケツアゴラバー! で
旦那の為に申し込んだ感じでしたが、
肝心の旦那はお仕事で来られず。
(会社の英語研修だった。
『(研修を)サボる!』
などとふざけた事言うから
『駄目! 働け!』
と蹴散らしました。もちろん! ただで勉強させてもらえるんだから
そっちが贅沢だわぁ!)
映画の最中、
マナーモードの我が携帯に
『トラボルタ!! 見たい 見たい!』
のメールが山の様に入っていました。
あはははは。
[PR]

by hirose_na | 2009-08-20 08:21 | Life !