遠距離心中(えんきょりしんじゅう)

うわっ!!! このブログにタイトル入れて自分でも
『怖い!!』
って思ったよ。 鏡 56話 更新しました。



いやなにね、稔がエイズの事をジョージに教えなかったときの心境を考えたんです。

心中 → 曾根崎心中 → 地名プラス心中 → 
二人の間に距離が有るからなぁ・・・・。

遠距離心中 !!

ネーミング的には良いんですが、
内容が怖い!!

あ〜でも稔の中はきっと 遠距離心中 だったんだろうなって思います。

その病気である事がお互いの共通項で。
しかも同じウイルスで死ぬんだから。
病気の進行と共に、
手を取り合っている、みたいな・・・・。

さっ、寒い!!!

もうちっと 暖かい話し 書きますね。

タイトルの “プライド” これはこの章を書き上がってから出来ました。
“プライド”

“誇り”
どちらも同じ意味のはずですが、
書いていて私自身の中で同じ言葉として扱われていないと感じ、
思わず涼子ちゃんに 
『事な人を守るってのはあたしの誇りだ。』
って表現させてみました。

プライド という言葉は
集団の中で 個 が使う、独立した感じがします。
(『プライドが無い。』
 『プライドが高すぎる。』
 『プライドの高い人だ。』)

誇り と言う言葉は
集団の中で 他者と関わる時 に使う気がします。
(『誇りに思う。』
 『誇りにしている。』
 『誇り高い人だ。』)

言葉のニュアンスが似ている様で違いませんか?

“誇り”
という言葉には暖かさを感じるんです。
そんな涼子の気持ちを表現できていたら良いなって思います。

でもってラストで
『嫌ぁあぁ〜〜!!』
って思った方、ご免なさい。
残酷な展開ですよね。
でもほら、今までの過去の流れで1月の結婚式以降3月までの間に
“涼子の躯に異変が起きた”
“怪我をした”
って話し、無いでしょう?
って、事です。

あいかわらず シュラバスキー な廣瀬でした ♪


   ブログランキング・にほんブログ村へ     人気ブログランキングへ
[PR]

by hirose_na | 2009-04-24 11:25 | H の独り言