4/4  0:19 鍵コメ様へ

コメントして頂いてありがとうございます。
コメント頂いたのはメールで確認したのですが、ブログ内本文で見つける事が出来ず
ここからお返事させて下さいね。



ネタバレを含むと思われる内容も有ると思うのでご注意ください。

あくまで匿名様へのお返事って事で、ご了承くださいね。

まず第一に、
私が書いている恋愛小説は他の方達のお品物とは違うと思います。
その“違い”は意図して書いています。

それは何かと言うと、
人間の嫌な部分、汚い部分、卑怯だったり、傲慢だったり。
それを主人公に持たせているつもりだと言う事です。

ですから一般的な意味で読者様が受け入れている
“美しい主人公。でもちょっと嫉妬なんかはしちゃったりして♡”
では有りません。

その理由は、作者そのものが決して上等な人間ではないからです。

よく作品を作る事に対して
“自己表現”
と言いますが、私の場合、作品の中に私自身を投影しています。
その結果、私の
“最低な部分 品位のない部分” を
涼子の生き方の映している所が有ります。

人間って

“そんな自分の醜い所が嫌いだ。だから
 治したい。けど変えられない。苦しい。”

って足掻きが有って、最終的に

“でもやっぱり善い人になりたい。
 悪い人間にはなりたくない。”

そう願っている気がするんです。
私自身はそうなんです。

だから物語りを書きながら
“最低な人間”

“望みを持ちたい人間”
を混在させ、
“人間性を変えていく”
ことで私自信の生き方や考え方を見直している部分が有ります。

その上で
“涼子に何をさせたいのか”
は最終話近くまで持ち越させてもらうつもりです。

コメントを頂いた匿名様はとっても優しい人なんだと思います。
だから勝利を許せない涼子を良くは思えない。
これは女性特有の
“許してやるのを良しとする。調和が一番”
な考え方だと思います。なのですが、
もし私が涼子や典子(友達)の立場だったらと深く考えるにつれ
勝利のした事は現時点では絶対に許されてはいけないと思います。

かなりディープな話しになりますが、
女性に暴力を振るう男性の
“もう二度としない”
は当てにならないと思っています。

私の知り合いでDVで離婚した男性とそれを分かっていて結婚した女性がいます。
彼女は
“二度としない”
という彼の言葉を信じたのですがその結論はどうだったと思いますか?

人を信じる事は大切です。でもそれは一方的であってはいけないと思います。

勝利が許される為には十分な償いは必要ですし
(現段階ではやはり甘いです)
償いをした上で許される事は
『何だかほっとした。もう二度としないから。
 許してくれてありがとう。』
程度の気持ちではなく、
真っ白な状態で、
形のつかめない漠然とした喜びに包まれる、そんな気がします。

ちなみに53話の段階で二人が互いに口にする
『幸せになって欲しい』
と言う言葉はそれぞれが本心です。
この状況でこう考える事が出来る人って私的には
“凄い”
人だったりします。
“恨み”
を呑み込んでいる、とでも言うのでしょうか。
このような生き方は作者にとっては前向きな羨ましい生き方だったりします。

最後に。
コメントありがとうございました。
変に思われるかもしれませんが、
読んで頂いて、ご自身の生き方や考え方と照らし合わせたからこそ
このような感想を頂けたのだと思います。
その事が嬉しいです。

それでは。

またこれからも読んで頂き、
良きにつけ悪きにつけ何か感想がありましたらぜひコメントください。

色々な考え方が有る事を知る事が出来るのは
私にとって大きなチャンスです。

ありがとうございました。


   ブログランキング・にほんブログ村へ     人気ブログランキングへ
[PR]

by hirose_na | 2009-04-04 10:34 | H の独り言