SM ライブ・リポート 3 R18

お題は SM!! 第3部 ♪ 

注意!!! ブログの内容は過激では有りません。
      ですが不愉快になる恐れの方はお控えください。
      またテーマに問題が有るので18歳以下の方もご遠慮ください。




さて今回3部のテーマは

本物の縛りを見て来たよ!!編 です。

冒頭でも書きました、
緊縛師(きんばくし)奈加あきら氏 によるライブ!です。

しかも今回はしょっぱなアクシデント!

トークショーのオープニングで
(縛りは後半の予定だった)

『誰か会場で縛られたいって人、
いませんか〜?』


って雨宮様から一声有ってからのスタートでした。

『後半のライブで予定していた縛られる女優さんが体調不良で欠席になりました。
 どなたかご希望の方、いらっしゃったら覚悟を決めててね〜 ♥ 』

もう、場内どよめき!ですよ。

私は何かと出しゃばりな性格で
この手の話しにはすぐ食い付くのです ♪
が・・・・・。
今回ばかりは勝手が違った・・・・。

“縛られれることが怖い”

っていう単純な事だけじゃなくてね、
その会場の雰囲気がね、怖いのよ。

まず前半でAV上映会とその解説がありまして、
中休みを挟んで後半のライブ(基本兎に角縛る!)なのですが。

その前半で会場の雰囲気が出来上がっているんですよ。

私はSMの世界を知らずに
『お勉強 ♪』
って覗きに行ったのですが、
皆さんそんな感じじゃないの。

マジSM好きな人が来てるって感じで・・・・・。

雨宮様のちょっと常軌を逸した(失礼♪)AVの解説に皆さん
大きく頷かれ、
(私見たいに 冷たい 斜に構えている人っていないのね)
もちろん!
奈加あきら氏の登場と共に皆さん思いっきり!沸き立ちまして・・・・。

『私も縛って〜〜〜〜!』
って感じで、もう、挙手の嵐!!

もちろん!服の上からの縛りです。

「後手(ごて)→ 後ろ手で縛る:が基本です。」
って事で、皆さんそれをされていきます。

すると会場から
「縛りがキレイ!」
のかけ声が・・・・。

一番最初に縛られた人は私の後ろに座っている人で、お友達と来ていました。
その上、お友達と二人で縛ってもらって

二人で縛られている姿の写メ!
撮り合ってるんですよ!!!


もう、絶句!!

こういう所で、写真、有りかい???

私もさ、人の事言えないけどさ、
それを記事にしているけどさ、
でもそれとこれって違うよね???

ほら、一応ギャラリーの方でもサイトで広告しているし、
レビューはね。有りでしょう ♪

でも写真は違うでしょう?
それが例え友達だって
遊びだって、
顔付きの縛り写真だよ!!
(会場が狭いからウインドウが見えるんですよ)

しかもそれを見て会場の他の人達、はやし立ててるし・・・・。

ね、怖いでしょう?

まだ有りますよ。

「縛りにリクエスト、有りますか?」
って言われて、前に出て行く人達がリクエストを出していくんです。

『何とか縛りやって〜。』
って。

よく分らないけど、股の下を通す縛り方が有るらしく、
それをリクエストされた奈加氏が
「スカートの上からやっちゃっていいんですか?」
って、スカートの上から、ぐいって縄通しちゃったりして。
私は正面にいるので、

『お股がぁあ!!』 ← あれです!

しかもその女性、
縛られながらうっとり はぁぁっ なのです。
もう、
『気持ち良い〜。』
ってのを表現しながら、何となく
“優越感”
ひけらかしているんですよ。
分かります?ここ。

ここが凄いんです!

“優越感”

ですよ!?

『あたしは特別なの。』
ってね。

彼女、縛られた後自分の椅子に帰るのですが
奈加氏に支えられながらぴょんぴょん飛んで
「お股が食い込む〜〜〜。」
って(本当に↑言っている)身悶えながら歩くんです。

それからまだ有りです。

他の人もどんどん過激に縛られていくんです。

下半身がっちり(足首と太腿をくくられたり、両足をまとめて縛られたり)
とか、
海老ぞり(後手と足首)とか。

しかも ↑ の女性

「どうします?このまま(縛ったまま床に転がして)
 放置プレイってのも有りますけど。」
って奈加氏が言うと、
「もちろん!!」
で頷くし。
(結局センターに彼女はずっと転がされて“曝されて”いた)

そしてここがまた凄い!
その 放置プレイされている女性を見て、
例のスカートで股まで縛られた女性が

歯ぎしりしてるんです・・・・

分かります?ここ。

『悔し〜〜〜!』

ってな感じです。

もう、嫉妬の炎、メラメラ!!

・・・・私がそう感じて勝手にドラマに仕立てているだけなの???

何だか気の滅入るレポートになって来たので
別の事も書きましょうね ♪

奈加氏は縛りながらトークをするのですが
「一歩間違えると命に関わる事なので、慎重にやります。」
との事でした。

ですよね・・・。
それから

「お馬鹿な(←これははっきりそう言った)AVが増えたおかげで
 これ(縛ったり痛みを加える)をすると女は必ず喜ぶって思っている
 輩が増えちゃってね〜。」

って舌打ちするシーンも有りました。

この緊縛師の方は30歳で師匠に弟子入りし
6年間修行してから(その間どうやって飯食ってたんでしょうね)
初めて縛りをやらせてもらったそうです。

緊縛師と言う職業の社会的な質は別にして
プロとしての意識は高い方だと思います。

「縛りは縄をほどくときの優しさがとっても大切なんです。」
っても言ってましたね。

→ 縛りには思いやりが必要だ、見たいな内容ですね。

ライブ終了後、縛られた方に
「どうでした?」
って聞いてみたら、皆さん一様に

『縄に抱かれている(いだかれている)感じ。
 めちゃくちゃ気持ちよかった!!』

っておっしゃってました。



最後に。
『SMに大切なのは信頼関係である。』
ってのが 絶対のお約束 だとの事でした。

さて、会場で縛られた女性に聞いてかなり驚いた事です。

奈加氏に縛られて何を感じたのか。

『負の要素がまったくない。』

でした。

怖いとか、痛いとか、まったく無いってね。

これを表現できるって凄いと思う。

私はこの場の雰囲気にのまれてしまって唖然呆然
(でも顔は笑ってるよ〜)
しかもこんな感じで自分がリポートするつもりでいるから
そんな信頼関係まで落ち込めないんです。

やっぱりこの会場にいる人達は真っ赤な他人で
(だって、隠れてビデオに撮っている人がいないって保証無いですからね)
“同好の志”
ってのは表面だけで
本音、信頼なんてないと思う。

だからここまで自分を無防備に曝せる人って
羨ましいを通り越して一番

怖かった!!!!!

こうやって考えると私、寂しい女かも???

SMはあくまで個人の嗜好だから、
変態だとか、異常だとかって事はまるで言う気はないですけどね
でもやはり
SMを好む人のメンタリティーは
私程度の小物には理解できない世界だなって
そう思います。

あ〜〜〜疲れた!

ライブも疲れたし、
これ書いていて疲れたよ!!

さて、明日は FOX様 主催の先行上映(しかもご飯付き!)
が渋谷で有ります。
元気出して GO!!

多分そちらは爽やかに ♪ ご報告できるはず。

ご期待くださいね。
美味しいもの沢山食べてきます♪ (結局食い気♡)


  リポート 1 へ戻る    リポート 2 へ戻る   

↓ 『何だか知らないけどうおおっ!だわ。』って方 ↓ 押してってね ♪ 
  これからの励みになります!

          ブログランキング・にほんブログ村へ




ご注意

このようなイベントをここまで詳しくリポートするのは
ご出席された他の女性に対して失礼だという意見も有るかもしれません。
ですが、
私は
“知りに”
行きました。
同時に、
“伝える”
事を事前にお約束しています。

ご出席された方々も、
あの場所はプライベートな場所ではなく
公共の場所だと分かった上でのご出席だったはずです。

ですので罪悪感は感じていません。
悪しからず。
[PR]

by hirose_na | 2009-03-30 00:57 | Life !