SM ライブ・リポート 2  R18

お題は SM!! 第2部 ♪ 

注意!!! ブログの内容は過激では有りません。
      ですが不愉快になる恐れの方はお控えください。
      またテーマに問題が有るので18歳以下の方もご遠慮ください。




さて今回2部のテーマは
  
   上映された SM・AV の内容とその解説について
   私はAVを見ない人なので(だってリアルの方が楽しいんだもん♪)
   少しお勉強。
   AV女優さんって、嫌な仕事だと思う・・・・。

です。
早速行きましょう!!

1) 見て来た SM・AV について

 『とりあえず見て。』
 って感じでした。
 → は雨宮さんの感想
 † は廣瀬の感想

① トパーズ 一応アダルトじゃないけど。

  → 雨宮さん垂涎でした。

  † 私は視線が非常に冷めていて、
  『どうしてそこまで面倒くさいセックスするの?』
  っていう、特売にフォーカスするのが生き甲斐みたいな
  主婦的視線でしか見れませんでした。御馳走様。

② 佐伯奈々さん(元バトミントン選手)によるAV
  前編 鬼畜な男にいい様にやられる

  → どうしてそんなに怖くない事をされている訳でもないのに
   (手錠とか首輪・ラバーで窒息とか)
    この女優さんは怖がりまくってる。かなり不思議。

  → この恐怖のバックグラウンドについて話すのではなく
   『どうしてなんでしょうね〜』ってこっちに振って来た。
   
    自分で考えるのか!?
    ↓ 考えてみた ♪

  † 男優が超不気味!!何となくだけど、裏側で
   “今回の撮影を盛り上げる為に”
    って言いながら、
    実際に首絞めたりして死にそうな目に遭わせたんじゃないの???
    って疑っちゃう様な演技でした。
    女優さんの目が男優さんに向けられて『嫌!』って言ってるんだもん。
    こういう部分、撮影に映っていない部分が私には“AVの恐怖”なのです。 

  後編 女王様にやられる

  → 女王様
   (たしか ひむろゆみ様 とか言っていた。ググっても分からなかった)
    が凄い格好良いんです!
    
  † 確かにカッコいい!!
    この人のS感は普通(多分)の人が持っているS観に近い気がしました。
    Mを喜ばせる様に責めるって言う感じ。
    多分この女優さん、普通の暮らしはよく気がつくいい人なんだろうな〜
    って感じで、演技にも“気遣い”が見えていました。
    前述の男優とは正反対。
 
    このS男優とS女優の違いが印象的な作品でした。
    男の時にはM女優本気で嫌がっているように見えましたが
    S女優の時には素直に楽しそうに嫌がっている気がしました。 
    何だか”甘える感じ”でね。う〜ん、不思議。

③ 演技しながらトリップしている女優さんのAV
  SMですが、腕を縛られて、顔やお尻を平手て叩かれるパターンです。
  針だとか浣腸だとかは出てきません。
  見ようによってはソフトSMでしょうか。

 → この女優さんの入り方が凄いんです。
   途中のセリフ、何言ってんだか分からない。
   後で『何言っていたの?』って聞いたら
   『“あたしの事、好き?”って聞いてたの。』
   って答えられて、どうしてそこまでいけるのか不思議だった。
 
 → ここでも”感想文”的な解説でした。
 † ↑ ちょっと物足りない廣瀬・・・・。

 † 確かに女優さん、泣いてるんだわ。
   『えぐっ、えぐっ。』
   って音で。
   何となくこの女優さんは女優さんらしく
   “ドラマテックな妄想に浸って”
   憑き物引き寄せて演技しているのかもって思いました。
   お仕事熱心な感じ。

《 まとめ 》

1 SMの価値 

3本全ての解説で
『泣き叫ぶって言う事は大人になって出来ない。
 その出来ない事を、子供にかえって出来るから
 開放感が有って気持ち良いのかもしれない。』
って言ってました。
それも有りなんだろうなって思いました。

廣瀬は今も変わらずおこちゃまで
それなりに叫んでいる気がするので
叫びたい要求は鬱積していない気がします。
だからSMやって叫びたいって気持ちが湧き上がりませんでした。
『あ〜なるほどな。』
っておもいません、こういうの?

今回男性の視点については語られませんでした。


2 AVと女優さん 

今回はプロジェクターを使っての上映会です。
その映像を通して、
もしかしたら
“女優さんの自己陶酔の世界”
を見せられたのかもって思いました。

また、AV女優さんという特殊性もね。

仕事と言いつつリアルパートナーには見せられない部分を
“演技”と偽って曝す事が出来る、という。

見られる事を恥ずかしいって思わない人がAV女優になるという事ではなく、
見られている事に意識の高い人がAV女優さんになれる、そんな気がしました。

それにしてもAV女優さんって、体張ってるよ〜って思いました。
一度映像が外に出ちゃったら、
整形とかしない限り一生バレっ放しだしね。
それからあの演技を見て
“売れっ子”って一握りなのかもって思ったし。
“売れっ子”になってAVで食って行ける
(この場合生涯賃金ってスケールで)
為には、努力して他の女優さんにはない何かを身につけないと
みんな一様になってしまうし、
そうしたらどんどん身を削る(言葉のまんま)しかなくなるし。
やっぱ、辛いよなって思いました。

3 SMの魅力 
 
2部の最後に。
SM(AV)の魅力は二つあると感じました。
これは特に2番目に見せて頂いた映像より。

一つ目は
本当に嫌がる女性を見て興奮するタイプ。これはS男優のパターン。
女性が苦しむ姿を見たい。

二つ目は
嫌好きな女性に興奮するタイプ。これはS女優のパターン。
自分のえろい部分を剥き出しにされる事が恥ずかしくって
それでも感じちゃう♬ みたいな感じで。

後者って男性の持つ欲望の一部かもって思います。

それはSMというよりもむしろ
『自分がパートナーの女性を狂わせたい。』
部分って言うのかな。
また同時に、女性の方でも
愛していてなおかつセックスのテクニックのあるパートナーの手で
狂わされたいって気持ち、有るのかなって。
その点でも
“ソフトSM と本物のSMは違っていて
 ソフトSMは普通のセックスの一端かも。”
って感じました。

  
 * * * * * 

さて次回は 3部 本物の縛りを見て来たよ!!編です。

これは普通の人には絶対に出来ない体験
(いや、私は縛られなかったよ〜!)
だったと思います。

リポート お楽しみに〜。


リポート 1 に戻る    リポート 2 へ続く


          ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by hirose_na | 2009-03-27 16:01 | Life !