今回も重いです

鏡 37話 更新しました。



今回も内容重たいです。

子供を中絶すると決めている涼子です。

でも本当に中絶したいかというとそうじゃない。
気持ちせめぎあってる部分あります。
でも選択肢は2つじゃない。
彼女の様な場合、まず、一つ。
選びようが無い。

こういうのって、他人を見ている時と自分自身が遭遇している場合と
まるで違うんじゃないかなって思います。

他人だったら
『可哀相だから産みなよ。
 お腹の中の子供は命持ってるんだよ。』
とか
『堕ろすしかないじゃん。
 みんなが不幸になるよ。』
とか、一言で結論が出ると思います。
そしてその結論に迷う事って少なくて。

でも当事者の場合、結論は出ていても常に迷い、
もしかしたらって可能性を探りそうになる気持ちを
『落ち込むだけの希望を持つのはヤメよう。』
って言い聞かせる気がします。

だから彼女揺れてます。
勝利の声で泣き出しちゃってます。

勝利の事を今でも好きだって気持ちと、
絶対に許せない気持ち、
許しちゃいけないって気持ち、
ともすれば許す事に逃げ込みたい気持ち。
同時に、消す事の出来ない憎む気持ち、
徹底的に叩きのめしてやりたい気持ち、
思い知らせてやりたい気持ち、
子供達への罪悪感。
全部詰め込んで、
でも彼女は
“普通の顔で”
日常を過ごしています。

それから、食べ物を食べなくなっている彼女は
『産まれて来ても幸せになれないから諦めて。』
そう赤ちゃん達を説得し
赤ちゃんを殺そうとしながら
自分も殺そうとしている、
そんな感じイメージしてみました。

でもって、指輪!!

彼女は稔と話しながらその指輪の輝きに癒されている部分有るのですが・・・・。
なかなかね、なかなかなのよ。

あ〜、今回のラストですが
最初に投稿した時より少し変えてます、はい。

“彼の目は何を見ていたのか”
それを意識してもらえる様にしてみた、つ、つもりです。
上手く書けていると良いんですけど・・・・。

さて、次話は 
謎のロシア人 ヒロセ・シュラバスキー・ナガール
がご案内いたします。

らんらんらん ♪

ほらだって、廣瀬作者だから ♡
ラストシーン分かってるもんね〜〜〜

ほほほ〜〜〜

でわっ!

さて、今日は アルファポリス様の情報・実用大賞
最終日です。
もちろん更新しますとも。

頑張りましょ!




                     にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
[PR]

by hirose_na | 2009-01-31 01:54 | H の独り言